和装の代表小紋を知ろう

小紋とは、その名の通り、比較的小さな柄をあしらった和装の一つです。通常使用として着用するものなので、原則的には、礼装や正装が必要な場では着用しません。もっとも格式張った場所へ行く場合はともかく、礼装が必要な場所であっても、高級感が漂う柄付のものもたくさん出ているので、気軽に着用している人もいます。その点、不釣り合いとならなければ、どこに着て行っても柄と配色次第だといえるかもしれません。種類も豊富で、遠目からみると無地に見える江戸式のものも人気があります。細かい柄に全面にしつらっているため、近くでみると豪華な感じ、遠目からはシンプルな無地に見えるという点はすばらしい発想だと思います。普段着、振袖など和装の種類にはいろいろありますが、何を着てもよい時代であるからこそ、数種類は揃えておきたいものが和装といえるでしょう。


馴染みのない小紋について学ぶ

若い人には小紋と聞いても何のことかちんぷんかんぷんという人が多いかもしれません。読み方でさえ、”しょうもん”か”こもん”かよくわからない人も多いことでしょう。和服を着る人が多い京都ではまた違うかもしれません。この漢字は、こもんと読みます。着物に馴染みのない現代の人、特に若者は聞いたこともないでしょう。小紋とは着物の模様や染め方のことを指しています。現代では普段着として着物を着る人は少ないかもしれませんが、オシャレや趣味の一環として普段使い用に着物を着る人には丁度いいです。柄の名称や着物のことも何もわからないけれど、洋服を着た人混みの中を、着物を着て歩く人を見るだけで、新鮮できれいに見えます。着物を知る人は知っているのでしょうが、常識としても、小紋はもともと普段着と同等の感覚で扱われるため、格式高い場では失礼にあたる場合があります。


茶道の時に小紋を着ても良いか

小紋は、カジュアルな場でしか着ることの出来ない柄というように思われがちですが、実はきちんとした改まったお茶席などにも十分に対応することが出来るアイテムだということが出来ます。ただ、その場合にはどのようなタイプを選ぶかが重要になってきます。江戸小紋など、地模様になっているようなおとなしい柄、遠くから見たら無地のように見える感じというと分かりやすいでしょうか。それに紋をつければ、格式の高い着物になるので、お茶事などに来て行っても恥ずかしくありません。あわせる帯も大切になります。もちろん半幅帯などは避けて頂きたいですが、名古屋帯や袋帯などで、お太鼓結びにして、あまりきらびやかではない素材や柄の帯を選びましょう。お茶席の雰囲気を乱さないような、控えめなトーンのものを合わせて選ぶことが大切になります。

信頼のおけるイギリス製リキッドは、単品1000円。タバコから電子たばこに変えることを考えているお客様日本での展示会「東京ギフトショー」に出店!今後も電子タバコやリキッドを紹介していきます。販売用の什器なども取りそろえております。国内で有名な雑貨店でも導入いただいております。英語でクレジット情報を入れる必要なし!海外商品を安心してクレジットカードで簡単にご購入いただけます。

rss

Categories

  • カテゴリーなし

Links